厚木市の歯医者・あおね歯科医院

Q&A

Q&A

YAGレーザー治療とホワイトニングに関して、よくあるご質問を下記にまとめました。

レーザー治療Q&A
 レーザー治療に関する疑問にお答えします。
Q

レーザー治療って何ですか?

A

患部にレーザーを照射して治療します。
レーザー治療は、【1】処置が簡単【2】ほとんど痛みのない治療が可能、【3】治療効果が現れるのが早く、局所麻酔をほとんど使用しないで治療を行うことが可能、などのメリットがあります。

Q

レーザー治療は痛くないのですか?

A

ほとんど痛みは感じません。特にNd:YAGレーザーは、無痛に最も近い治療と言われていて、研究機関などの実験でも立証されています。

Q

レーザー治療は安全なのでしょうか?

A

レーザー治療は安全で副作用もなく、妊娠中の方、高血圧・心臓病の方、ペースメーカーを使用されている方なども安心して処置を受けることができます。

Q

虫歯の予防はできますか?

A

虫歯になりやすい個所にレーザーを照射します。
これによって歯の耐酸性が向上し、虫歯になりにくい歯をつくることができます。

術前 術後

術前

術後

Q

口を大きく開けると痛いのですが

A

口を大きく開けると痛い、口が大きく開けられないといった症状はアゴの関節に原因があります。レーザーをアゴの関節に照射することによって、アゴの痛みなどの症状を軽減することができます。

Q

歯茎の色が気になるのですが

A

健康な人の歯茎はピンク色をしていますが、時には歯茎の一部が黒ずむ場合があります。レーザーを数回照射することにより、気になる歯茎の黒ずみを取り除くことができます。

術前 術後

術前

術後

Q

冷たい水が歯にしみるのですが

A

冷たい水がしみたり、歯ブラシが当たると痛みを感じることがあります。
これは知覚過敏といって、歯肉が下がり、歯の根が露出するために起こる現象です。
この知覚過敏もレーザーによって効果的に治療することができます。

Q

歯肉の腫れや出血にも効果がありますか?

A

歯肉の腫れや歯肉の出血などの歯周病。
従来からの治療法とレーザー治療を併用することで、大きな効果をあげています。

術前 術後

術前

術後

Q

口内炎の痛みにも効くのですか?

A

頬の内側などにできる口内炎。食べ物や飲み物がしみたり、痛みを感じたり、とても不快なものです。 口内炎に対してもレーザーを照射することによって痛みが軽減され、治癒期間も短縮されます。

ページトップへ
 ホワイトニングに関する疑問にお答えします。
Q

何故、歯は変色するのでしょうか?

A

変色にはさまざまな原因が考えられます。一般的に考えられる原因は加齢やお茶、コーヒー、コーラー、タバコなどによる着色、そして、外傷や歯の古い修復物によるものです。又、発育期の抗生物質(テトラサイクリン等)の服用による副作用やフッ素の使用による変色も考えられます。

Q

どんな人でもホワイトニング可能でしょうか?

A

ほとんどの方が可能です。しかし、それほど効果がない場合もあります。 歯科医師による診査や診断により、あなたがホワイトニングの適応症かどうかを判断します。 NITEホワイト・エクセルは健康な天然歯を白く輝かせるのに適しています。

Q

安全に使用することが出来ますか?

A

はい。過酸化尿素を用いる歯のホワイトニングに関しては多くの研究と臨床例が報告されており、 また歯科医師の適切な指導のもとで使用すれば、歯や歯肉に悪影響を及ぼすことなく安全に使用することが出来ます。

Q

歯が白くなるまでにどれくらいの期間が必要ですか?

A

通常は数日後に効果が現れ始めます。個人差にもよりますが、2週間続けることで効果がはっきりでます。

Q

副作用はありませんか?

A

一般的ですが、治療期間中に知覚過敏(歯がしみるような症状)が起こる場合があります。 その場合も治療を中断することにより症状が軽減するか消失しますので、安心して使用することが 出来ます。

Q

効果はどのくらい持続するのでしょうか?

A

個人差にもよりますが、処置前の状態に戻ることはありません。
しかし、カフェインやタバコなどの着色の原因になるものを日常的に摂取している場合は、再度ホワイトニングが必要になりますので、定期的に歯科医師による診査や診断を受け、継続的に使用してください。

ページトップへ
レーザー治療Q&A ホワイトニングQ&A